【リボベジ栽培】食べ終わった豆苗をもう一度、土で育ててみる

2021豆苗栽培アイキャッチ豆苗

今から2年前の2019年に挑戦した「豆苗のリボベジ」ですが、リベンジすると言っておきながら、なにかと理由をつくり先延ばしにし、今日まで放置していました。

そんな「土豆苗のリボベジ」は、毎年春になると連日たくさんの方からアクセスしていただいています。

こんな小さなブログへ訪れていただいているのだから、2021年にもう一度土へ植えて育ててみることにしました。

前回の失敗を教訓にしながら再チャレンジした、土で育てる豆苗の栽培記録を書いていきます。

スポンサーリンク

豆苗を土へ植える前の準備

前回の栽培では、スーパーで買ってきた四角い豆苗の根元を真っ二つに分断した苗を使いましたが、成長しすぎた自分の重さに耐え切れず真っ直ぐ伸ないばかりか、栄養も十分に行き届かず最後は枯れ果てました。

この経験を活かし、一般的な栽培方法と同じように種を発芽させ間引きをしてから栽培する方法をとりました。

今回は土へ植える前に成長の早い種を選別して、種一粒づつ栽培することにしました。そのため、あらかじめ水栽培で大きくなるまで待ちます。

食材に使った豆苗を水に浸して芽の成長を待つこと数日、1本だけ異常な速度の個体を発見しました!

市販の豆苗では思い通りいかない

この優秀な1本は確実に植えるつもりでいましたが、店で売られている豆苗の根っこは想像を超えるぐらい絡みついていて、種を残してあっさりとちぎれました・・・。

かろうじて種は残らなかったものの、か細い根っこ数本は残されていたので、土へ植え替えてあげることに。その後も成長速度、第2位・第3位の種も見事にちぎれたため、実験を含む栽培へ移行します。

簡単な実験も含め、計10本の苗を準備

成長の早い苗を見つけるための水栽培も意味をなくし、縁でむき出しになっている種を使用しました。

再生1回目で成長した豆苗は種一粒ずつを小分けにして選別

むき出しとはいえ、根っこは想像以上に深く絡みついているので、キレイに分けるのは大変です。

真ん中の種がないものが一番成長が早くて、間引きでちぎれた優秀だった苗です。

慎重に根っこを解いた5本を土栽培用に確保し、残りは切って食べました。

また、その切れ端を見ていると、「捨てるのもったいない気持ち」が沸き上がり、再び根っこを解いてあげました。

再生2回目の豆苗も一粒ずつ選んで仕分ける

結局、苗として使ったのは水栽培で成長した5本と、さらにもう一度食べたばかりの5本、合計10本の苗で成長の違いを試してみることになりました。

プランターのサイズを一回り大きく、植える種の深さは1.5cm~2cm

前回使用した100円ショップの小さいプランターから、私のブログでたびたび登場している園芸用プランターを使います。

深さと縦横の幅がちょうど良いサイズで、小松菜やトマトの栽培のときに活躍したプランターです。

このプランターへトマトの栽培で使った分も合わせて培養土をたっぷり15kgほど敷き詰めました。

豆苗を植えるときの土の深さは、1.5cm~2cmを目安に開けた穴へ種を投入します。

並べ方は、再生1回目の列に5本、もう一方を再生2回目の列に5本、というふうに分けました。

土へ植えた豆苗はそのままではぐったり外に垂れるため支柱を施す

再生1回目の豆苗はやや成長していて自重に耐え切れず垂れてしまうため、支柱で矯正していました。

写真の手前に並んでいるのが再生2回目の豆苗たちです。

2パターンの豆苗で成長の違いを観察、豆苗の栽培記録

次こそは成功させるつもりで再チャレンジした豆苗は結局、実験を含めた栽培となってしまいました。

ここからは2021年3月28日から始めた豆苗の土栽培の記録を書いていきます。

【2021年3月28日】植えたばかりの豆苗たち

少し成長させてから植えた再生1回目と、その豆苗を切って土へ植えた再生2回目の2種類の栽培を同時にはじめました。

植えてすぐはプランターの外に垂れてしまった豆苗

植えたばかりのときはプランターの外へ垂れてしまい、早速不安いっぱいに。

先述したとおり、支柱を施すことで問題を解消しました。

【2021年4月6日】成長に差がうまれる

土へ植えてから1週間が経過してみると、再生1回目の成長に変化がありました。

1週間経過した豆苗は再生1回目に変化が表れる写真の真ん中は種無しになった優秀な一本、予想通りくしゃくしゃになって枯れていきました。そして写真左の種付きも元々弱かったのか、この時点で枯れ始めていました。

その他は、葉っぱと茎が緑色をしていてまだまだ元気そうです。

【2021年4月17日】成長の優越がはっきりと別れ始める

3週間が経過してから10本の豆苗の成長には、はっきりと変化が出始めました。

3週間が経過して生命力の高い豆苗が四本が判明

まず再生1回目のほうは、完全に3本だけになり、他2本は細くやつれて枯れていました。次に手前の再生2回目は、ほとんどが成長を止めるなか1本だけゆっくり成長を続けています。

成長速度に大きな差が生まれ、今後この4本を枯らさないように力を入れて育てていく方針が決まりました。

成長中の豆苗のアップ写真

注目の2本のアップで撮った写真を載せます。

■再生1回目の列で一番成長の早い豆苗

必死に支柱へ巻きつくツタ

葉っぱが大きく成長しているなかで、ほっそいツタが必死に支柱に絡みついているのが可愛らしい。

■再生2回目の列で唯一生き残った1本

ゆっくりな成長でも5枚の葉っぱをつけ始めた再生2回目の豆苗

2回目ともなると生命力の強い豆苗でも、再生力が落ちてしまうなかで頑張って5枚ほどの葉っぱをつけて成長を続けています。

【2021年4月24日】なかなか支柱に絡まない2本に麻紐で誘引

4週間が経過すると、再生1回目の2本がツタがまったく支柱に絡みつかないので施術しました。

成長が止まらない1本と麻紐で縛って誘引した2本とゆっくり成長する再生2回目の1本

風の強い日が続くためか、写真右の2本がまったく支柱にツタを巻きつけてくれないので麻紐で縛り誘引しました。縛り方はトマトの栽培と同じく、茎に傷がつかないよう8の字です。

これでうまく支柱へ巻きついてくれればよいのですが・・・。

大きく成長している方には、さらに大きくなっても良いように一回り太く長い支柱を刺しました。再生2回目のほうは、マイペースに成長を続けていますよ。

2021年5月3日成長が安定してくる

土へ植えて5週間経った5月3日、4本の豆苗の成長がやっと安定してきました。

大きくなりまくる再生1本、支柱へ巻きついてきた2本とさらに成長した再生2回目の1本

再生1回目の列では、とどまることを知らない1本が大きな葉っぱをつけはじめ、あと少しで花を咲かせる勢いに。

奥の2本は成長こそ遅いものの、麻紐で施した誘引が効果を発揮してしっかり支柱へ巻きついてくれるようになりました。これで強風が吹いても安心です。

再生2回目の左の1本は、こちらも成長遅く心配になりますが、誘引せずとも支柱へツタを絡ませていました。

土へ植える前の水栽培と再生回数からわかった成長差

現状でわかってきたことは、水栽培である程度成長させてきた再生1回目の3本は水で育てたためなのか、根元が痩せ細くなっていて自分の重さに耐えられずたるみ始めていること。

一番成長の早い豆苗は完全にたるんたるんになっており、他の2本もたゆんとしています。その反面、土から育てた再生2回目は生存率は低いものの、残った1本の根元は同じ太さで成長している印象です。

アボカドも種から土へ植えたほうがしっかりした幹ができましたので、豆苗も水栽培で育てすぎるのは良くないのかもしれませんね。

アボカドを水栽培から土へ植え替えた場合と直接土へ植えた場合の違いはこの記事に書いています。

今後の栽培記録

現在の成長はここまでになります。

前回と比べ、元気に育っていてこれからもぐんぐん成長していくような気がしています。

今後、変化があったときはこの記事へ不定期で加筆していきます。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。